外壁塗装

外壁塗装で美しく住まいの強度を上げる

 

外壁塗装には外観を美しく見せるほかに、

太陽の光や熱、雨、などから家を守るための役割があります。

長くきれいな状態で過ごすために外壁塗装は必要なのです。

 

 

外壁塗装のタイミング

塗り替えの目安としてよく10年ごとに一回~といわれています。

それぞれのお家の建っている環境や使われている資材・塗料も違いますので、

一概にきっちり10年とは言えませんが、

10年に一度くらいはお家にメンテナンスが必要、

ということには間違いありません。

 

 

外壁塗装の塗り替えの目安となるサインがありますのでいくつか紹介しておきます。

 

お客様ご自身でもできる簡単なものですので、

一度じっくりとご自宅をチェックしてみてください。

 

外壁塗装のサイン

  • 外壁を手で触ってみて白い粉が付着する。
  • 外壁に割れ目(クラック)、ヒビが数か所ある。
  • 外壁の塗装の塗膜にめくれがある。
  • コーキングが切れていたり、なくなったりしている箇所がある。

 

気づかない間に建物の劣化は進んでいくものです。

定期的なメンテナンスが大切なお家の寿命を延ばします。

 

お家が傷み始める前に早めの対応がお家をきれいに保つ秘訣です。

 

外壁塗装の作業工程こちらでは一般的な外壁塗装の作業工程について紹介いたします。全体の工事の流れをお感じになって頂ければと思います。

当社の外壁塗装の工程

 

 

1. 足場の設置・飛散防止シート

外壁や屋根塗装、その他の付帯塗装を安全に施工するために必要な足場を設置します。

足場を設置した後、飛散防止のメッシュシートを掛けて、しっかりと準備をしてから塗装作業に掛かります。

 

※シール工事がある場合は洗浄前に行います。

 

 

 

 

2. 高圧洗浄(水洗い)

高圧の洗浄機を使用して、外壁やサッシ、雨戸、窓ガラス、土間、擁壁などを洗い流します。

外壁の汚れ、カビ、コケなどをしっかりと洗い流すことで塗料の密着しやすくします。

3. 下地補修

外壁には年数とともにクラック(割れ)や浮き、欠損などの劣化の症状が現れてきます。

これらを補修していく作業です。

劣化の状況によっては、洗浄の前に補修します。

 

4.養生

外壁・天井を塗装する際に塗装しない部分をナイロンで隠していく作業です。

専用のナイロンで窓、サッシ、カーポート、床、土間、扉、などを隠していきます。

 

 

 

 

5.塗装作業

外壁塗装はローラー塗装の場合、

下塗り(シーラー)、中塗り、上塗りの3回塗りが基本の回数となります。

 

ただし、外壁の種類や状態によって使用する塗料も変わってきますので、塗り回数も変わることがあります。

 

上塗りの材料を2回塗る仕様がおおいので、下塗り一回、上塗り2回という風に説明されている業者もあります。

 

 

※可塑剤が外壁の表面に出てきている状況

スタッコ仕上げなどの外壁に多いのですが、下地のパネルの形で黒ずんだラインが見えることがあります。

下地で使用しているコーキングの可塑剤が外壁の表面に出てきている状態ですので、

可塑剤止め(ブリード汚染防止材)を塗装します。

 

よくわからない点などございましたら、なんでもお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

外壁塗装は宝塚市のヒトノブ塗装店で!

☎080-5300-7341  ✉お問い合わせフォームからどうぞ

お見積り・ご相談は無料です!

「当店では常にお客様と一緒になって丁寧に仕上げていきたいと考えております。

工事の前にはお家の調査をしっかりと行い、お客様からのご要望などをお伺いした上で

そのお家に適したプランをご提案させていただきたいと考えています。」

お気軽にご相談ください!

 

 

 

更新日:

Copyright© ヒトノブ塗装店 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.